【ブログ考察】ブログを書くうえでの「読みやすさ」とは

「読みやすさ」ってブログを書くうえで、かなり重要なポイントになりますね

どんなに内容が凝っていても、読みづらければ上手く読み手にも伝わりませんし

変な文章は読み手の頭を疲れさせてしまいます。

せっかく書いたのにこれでは、本末転倒ですね。

 

そこで皆、上手くマーカーや吹き出しなどを利用して

できるだけ読み手を退屈させないように、

そして分かりやすくするために

工夫に工夫を重ねて、日々努力しています。

ブログデザインもその一つだと思っています。

 

マーカーや吹き出しよりも

皆が多用しているのは画像ですかね。

フリー画像であったり、自分で撮った写真であったり

はたまたイラストであったり。

ブログデザインや、記事の工夫はただ「読みやすさ」のためではなく

それはブログの個性になります。

同じような記事とデザインのブログ4つと

同じような記事だけどデザインを凝ったブログ1つ

記憶により残るのは後者のほうではないでしょうか。

 

私は文章を書くのは好きです

でずが今まで「読みやすさ」に重点を置いて

書いたことがあまりありません、殴り書きです。

自分の記事に、誤字脱字がないかチェックをしているときに

「読みづらい・・・」ってなります。

 

ただこれの難しいところって

その文章を「読みづらい」と思うか「読みやすい!」と思うかは

その人次第な部分が多くあると思います。

 

私の中で自分の文章を

なんて読みやすいんだ!素晴らしい!!バンザーイ

 となっても、それが読み手の方に

読みやすい!サクサク読めるぞ!!と思わせるのは難しいんです。

 

ブログを書いてる人の中にも

私のように「文章に自信がない」って方いるんじゃないかなぁ

 

そんな時こそブログの機能をフルに生かして

自分の不足部分を補うことが大切だと思います。

 

例「自分の不足部分を補うことが大切だと思います」

こんなふうにね

 

 

 

 

(やりすぎた)

 

せっかくあるなら使わなきゃね