日本はなぜ加害者に同情をよせるような報道をするのか

題の通りですな。

日本はという言い方したけどごめん。ほかの国は知らない。

仮に他の国でもそうだったとすれば「なぜ加害者に同情をよせるような報道をするのか」に置き換えてもらいたい。

 

神奈川県でおきた無差別殺傷事件が今大きく報道されている中で

mainichi.jp

以前より思っていたことを話したくなった。

このような事件が起こると、必ず「加害者の過去」の話になると思う。

今回でいえば発達障害で虐待があったなど

だからやってしまうのは仕方なかったかのように報道するメディア

 

僕の感覚が単におかしいという可能性も十二分にあるが

発達障害だろうが虐待があろうが殺していい理由にはならない

もちろんメディアもそんな気で報道しているわけではないというのは承知の上だが

ではなんで加害者の過去なんて報道するんだろうか

この事件を起こすにあたっての因果関係が過去にあったんだよー。ということなんだろうか

確かになぜその人がこんな事件を起こしてしまったのかということについては気になるところではあるが

それを受けて馬鹿な視聴者が「この人可哀想だな~」「こんな過去ならそりゃそうなるよな」と

少しでも思ってしまうことがあれば被害者にとってこれほど可哀想なことはないと思う。

 

将来のために沢山勉強していい大学をでて家族のために一生懸命働いて

そんな罪のない人間の人生や周りの人間の人生を

一瞬にして崩壊させた人間に同情の余地などあっていいはずがない。

むしろ「過去が原因でそんな思考になった」のではなく「そんな思考だったからこそ過去が荒んだった」のではないかとすら思ってしまう。

 

一人の人間がたった一人で背負える悲しみや苦しみなんて正直たかが知れている。

それで背負いきれなくなり、周りに相談することもできなくなった時自死を選ぶなら正直それまでだ。

※あくまでいじめはこの対象としない

何年も生きて築いた人間関係をそこで使わなくてどうするのか

自分の命と相談するという行為を天秤にかけた時に相談するということが決断できない人間なんてどうせいつか死ぬ。

もちろん相談すれば万事解決なんてことは言わないが、それで少しでも自分の心の闇が晴れるとすればやるべきだ。

 

話が少し逸れてしまったが

一人の人間が抱えられるものなんてたかが知れているのだ。

その限界を迎えた時に今回のように何人もの人間を不幸や絶望に陥れるような人間は一刻も早く死刑しろ。

悲しみや苦しみを経験して同じような思いを味合わせようとする人間はゴミ以下だ。

 

みなさんも一回は言われたことがあるだろう

「自分がされて嫌なことは人にするな」

 

まさにこれである。刑務所で死刑を待つ死刑囚の日常生活費が税金から出ていることすら反吐が出る。

日本は犯罪者にとって優しすぎる国だ。

真面目で真っ当な人間が人を殺すような人間を自分たちの汗水流して稼いだ金で

なぜ賄ってやらなければいけないのか。

そしてなぜ加害者に同情させるような報道をするのか。

 

昔から思っていた疑問です。

死刑囚に人権など存在しない。5分はくれてやる。さっさと死刑にしろ。